オールフラッシュストレージによる4つの効果
(その2:ストレージ専有スペース95%削減)

意外に知らないオールフラッシュストレージの導入効果

オールフラッシュストレージのコストについても、最新技術によってコストはハードディスク並にまで下がっていることをご存知でしょうか。
また、処理スピードが高速であることは知っていても詳しい導入効果については知らないことが多いかと思います。
そこでオールフラッシュストレージの導入による効果について導入事例をもとに解説いたします。
加えてHPEのオールフラッシュストレージ No1*3PAR StoreServの機能もご紹介いたします。
*出典元:SPC-1 Price-Performance™ ($/SPC-1 IOPS™) Top Ten External Arrays (8-Mar-16)

 

ストレージ専有スペースを95%削減

オールフラッシュストレージなら、ハードディスクストレージに比べて5-10倍の処理スピードがあり、ストレージに搭載するディスク本数を大幅に減らすことができます。

Sony Entertainment Network社の事例ではストレージスペースの95%を削減しました。ストレージラック数の削減は、コスト削減やスペースの有効利用に加えて、ハードディスクストレージ環境であれば必要だったクーリングのための設備も削減できるという多くのメリットがあります。
オールフラッシュストレージはハードディスクストレージに比べて消費電力や発熱量が低いため、省電力型のサーバールーム・データセンター環境を実現できます。現在、企業に求められている環境に配慮した企業活動という点においてもオールフラッシュストレージ導入による省電力化はひとつの選択肢として有効であるといえるでしょう。

オールフラッシュストレージの導入効果を詳しく知りたい方は、こちらをダウンロード

ホワイトペーパー 知らないと損をするオールフラッシュによる4つの効果

ビデオ:フラッシュ性能を最大限に活かすストレージとは

ホワイトペーパー 適切なフラッシュトレージソリューションへの投資 経験豊かなテクノロジーバイヤーのためのガイド
お客様事例 ライオンが、基幹業務システムにオールフラッシュストレージを採用したバッチ処理時間を1/2以下に削除
フラッシュストレージについての詳細資料ライブラリがオープンしました ダウンロードはこちら
3PAR体感キャンペーン

チャットでのお問い合わせはこちら

Login to Chat
3PAR 体感セットv2 あの3PARがこの価格で!!
3PAR オールフラッシュ体感セットv2 オールフラッシュがこの価格で!

オールフラッシュストレージを選ぶなら3PAR StoreServ

4つの効果からオールフラッシュストレージと3PAR StoreServの導入価値がご理解いただけたと思います。 エンタープライズ利用で必要なストレージの要件は「スピード」「経済性」「信頼性」です。
ビッグデータ活用を視野にいれるならリアルタイム分析を実現できる高いIOPSが必要です。コストも重要です、もちろんエンタープライズ利用では信頼性は絶対に必要な要件です。つまり、スピード、経済性、信頼性は、すべて必要な要件であり、3PAR StoreServはそれらすべてを兼ね備えたフラッシュストレージなのです。

オールフラッシュストレージ導入支援サービス

お問合わせお見積もり 電話でのお問い合わせ:03-6834-2272 メールでのお問い合わせ:https://www.hpe.com/h41268/live/index_e.aspx?qid=26981

インテル® Xeon®プロセッサー搭載のHPE 3PAR StoreServストレージ。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。