~中小規模企業や部門導入向け~
仮想化、ビッグデータ活用、基幹業務に最適なストレージの選び方

IoT、ビッグデータ時代到来。9年間で9産業におけるデータ流通量は9.3倍と大幅に増加

総務省が発行する情報通信白書 平成27年版内の「ビッグデータの流通量の推計及びビッグデータの活用実態に関する調査研究」(平成27年)よると、2005年からの9年間でデータ流通量は9.3倍になっており、そのデータ量は2014年(見込み)で、9産業(サービス業、情報通信業、運輸業、不動産業、金融・保険業、商業、電気・ガス・水道業、建設業、製造業)の合計で14.5エクサバイトとなっています。
データ流通量なので固定・携帯電話の通信データ量も含まれてはいますが、まさにビッグデータ時代が到来していることは間違いない事実です。


(出典)総務省「ビッグデータの流通量の推計及びビッグデータの活用実態に関する調査研究」(平成27年)

増え続けるデータをどのように管理すべきか?普及した仮想化環境への対応は?

膨大なこれらデータはストレージに蓄積されるようになるのですが、爆発的に増え続けるデータ管理に対して適切なストレージを選定できているでしょうか?
選定で重要なポイントは、自社の業務や要件、既存IT環境に適しているかということです。データ増加と比例してストレージ導入も増加することが予想されるため導入コストが低いことは必須要件でしょう。

現在の企業向けのストレージ製品は大別すると3つのタイプになります。

・ハードディスク ストレージアレイ
・フラッシュ ストレージアレイ
・サーバーベース ストレージ(ソフトウェア・デファインド・ストレージ)

それぞれの特長と適した利用用途ですが、ハードディスクストレージアレイとフラッシュストレージアレイの違いは、搭載するドライブが、従来型のハードディスクドライブなのか、高速なソリッドステートドライブ(SSD)であるかという点です。
ストレージ性能を評価する指標のひとつに、IOPS(Input Output Per Second)と呼ばれる1秒間に処理できるI/Oアクセスの数値があります。高性能なCPU搭載のサーバーを採用したとしても、低いIOPS性能のストレージを採用するシステム構成ではシステム全体のパフォーマンスは高くはなりません。遅いストレージがボトルネックとなりCPUは処理データ待ちの状態が続きシステム全体の処理パフォーマンスが上がらないのです。

SQL Server環境(*1)を使用したハードディスクストレージとフラッシュストレージのIOPSの比較テストでは、SSDリードキャッシュを使用したフラッシュストレージは、ハードディスクストレージ(*2)の約3倍のIOPSとなり、リードもライトも高速化できるSSD自動階層化したフラッシュストレージのケースではハードディスクストレージの4.5倍の高速化が実証されています。
高速なフラッシュストレージの導入効果には、基幹系システムのバッチ処理時間が短縮、ストレージ専有スペースの削減など多くがあげられます。

フラッシュストレージは技術革新もあり容量単価が著しく下がってきています。今後、ストレージ導入する際にはハードディスクストレージだけではなく、フラッシュストレージの検討もすべきです。

3番目のサーバーベース ストレージは、最近では、利用されている技術でもある「ソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS)」と呼ばれることが多くなってきました。ソフトウェア・デファインド・ストレージのメリットを、簡単に説明すると、ソフトウェアによって複数のストレージをひとつのストレージとして管理できるため、運用が楽になるだけではなく拡張性や可用性も高いものとなります。
データの増加量が予測できないビッグデータ時代において、高い拡張性はとても大きなメリットになります。性能が足りない場合にはドライブを追加するだけで性能・容量を向上するスケールアップ、大幅なパフォーマンス向上が必要な場合には筐体を追加することでスケールアウト型の性能アップが実現します。
拡張性が高いため予定していないサーバーが増えがちな、サーバー仮想化環境の企業には適したストレージと言えます。

業務や使用目的に応じて求められているストレージ機能

業務や使用目的に応じて最適なストレージ製品を選ぶことが、最終的には費用対効果の高いIT投資になります。主な使用法からどのような機能が必要になるか解説しましょう。

仮想化・クラウド
ビッグデータ活用
・基幹系システム運用
・データ分析

詳しくはホワイトペーパーをご覧ください。

ストレージの選び方を詳しく知りたい方は、こちらをダウンロード

中小規模企業や部門導入向け 仮想化、ビッグデータ活用、基幹業務に最適なストレージの選び方
 

中小規模の企業や部門導入に適したHPEストレージ製品

Hewlett Packard Enterprise (HPE)の、中小規模の企業や部門導入に適しているエントリーストレージ製品は、日本とアジア太平洋地域でシェア1位となっており多くの企業で利用されています。そのラインナップから拡張性、可用性、高いIO性能に優れ、低導入コストの2タイプのストレージ製品を紹介します。

すぐに始められる2つのエントリーモデル

すぐに始められる2つのエントリーモデル

StoreVirtual3200の利点と特徴はこちら MSAの利点と特徴はこちら