IoTを上手に実現するためのストレージ基盤構築方法 資料ダウンロード

IoT活用において重要なインフラ戦略は?

本資料は、IoT活用において必要なストレージの環境構築について説明いたします。

実用化が近づいている自動運転自動車では、各種センサーが1秒間に1ギガバイト(GB)のデータを生成します。IoT活用においてはこれらのような膨大なデータを利用することが基本になるため、膨大なデータを保存できるストレージ環境の構築がIoT活用におけるインフラ戦略の重要なポイントとなります。

IoT活用を支えるソリューションとして、「ソフトウェア・デファインド・ストレージ」と「オブジェクトストレージ」という解を説明しています。

「ソフトウェア・デファインド・ストレージ」と「オブジェクトストレージ」製品を詳しく知りたい方は、是非ダウンロードしてお読みください。

インテル® Xeon®プロセッサー搭載のHPE 3PAR StoreServストレージ。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
インテル® Xeon® プロセッサー搭載